クレジットカード コラム

東京オリンピックのチケット購入はVISAカードのみ対応!いつからどこで買えるか?も

間もなく東京オリンピックが開催されますがチケットの発売日が近づくにつれて、支払い方法など気になる情報が出始めました。

チケット購入には支払い方法が限られているためいくつか注意点があります。ここではチケット購入に関しての注意点や、具体的な購入方法をまとめてみました。

東京オリンピックのチケット購入に使えるクレジットカード

支払いVISAしか使えなことが判明!

東京オリンピックのチケットは、クレジットカードで買うことは可能です。

ですがクレジットカードといっても、複数の種類があります。VISAやJCBなど、色々なカードがあるでしょう。そのカードの種類は、実は要注意なのです。

というのも東京オリンピックの場合は、VISA以外は使用できません。

すなわちJCBなどのカードでは、チケットは購入できない訳です。あくまでもVISAのクレジットカードもしくはデビットカード限定になりますから、注意を要します。

では、どこのVISAカードがおすすめかというと、楽天か三井住友VISAかイオンカードあたりがオススメで、特に主婦やパートや学生でも作れる楽天カードは審査の難易度から見てもかなりオススメです。

参考にどうぞ→ 楽天カードの審査基準や難易度 時間について

東京オリンピックのチケットはどこでいつから買える?

東京オリンピックのチケットを買う方法は全部で3つあります。

会場で当日に買える

まず1つ目は会場です。オリンピック会場にある販売所にて、チケットを買う方法があります。会場販売ですから、もちろん開催「当日」に買えます。

ただ会場購入には注意点があって、必ずしも良いチケットを買えるとは限りません。後述する2つの方法と比べると、あまり良くない席になってしまう可能性があります。

プレイガイドで2019年の4月に買える

2つ目の方法は、プレイガイドです。コンサートのように、ローソンやチケットぴあで買う事もできます。

上述の会場販売所ですが、実は「必ず」販売されるとは限りません。当日の状況によっては、チケット自体が販売されない可能性も大いにあるのです。

しかしプレイガイドなら、ほぼ確実にチケットを購入する事ができます。確実にオリンピックのチケットを買いたいなら、プレイガイドは要チェックです。発売時期は2019年の4月であると予想されています。

公式サイトで2019年春から受付

そして3つ目は公式サイトです。東京オリンピックには公式のチケットサイトがあって、会員登録などの手続きを踏めば、サイトで買う事はできます。

なお公式サイトの場合は抽選制になります。なおオリンピックは2019年春から受付が開始され、パラリンピックは2,019年夏から受付開始となります。

東京オリンピックのチケット  クレジットカードでの購入の流れ

まずはチケットを買う為のサイトにアクセスし、予約を取る必要があります。その際、サイトにて申し込みフォームに入力することになるのです。

フォームの入力項目は色々あって、クレジットカードの情報もあります。カード番号などの情報を入力する訳ですが、それでサイトにて予約を取ります。

予約を取ると「同時」にカード決済が完了するという流れになります。つまり予約を取る際にクレジットカード払いを選んでおけば、決済できる訳です。

コンビニ決済での支払の流れ

公式のチケットサイトもしくはプレイガイドにて、まずはチケット購入の予約を取ります。するとサイトからメールが送られてきますが、メール本文には払い込み番号も書かれているのです。

コンビニのレジにてその番号を店員に伝えて、チケット料金を支払うことになります。なおコンビニ決済には支払い期限がありますから、注意が必要です。

オリンピック会場で人気が出そうなグッズ

オリンピック会場では色々なグッズが販売されますが、中には人気が出そうな物もあります。例えばオリンピックのマスコットキャラの団扇あたりは売れそうですし、旗も人気が出ると予想されています。

ちなみにオリンピック当日は混雑する事が想定されるので、スピーディーに支払えるクレジットカードはほぼ必須です。