審査

クレジットカード審査の電話が困る人へ

クレジットカードの審査を受けるには電話がかかってくるのが嫌だな〜と思う人も多いんじゃないでしょうか。

審査を受けると必ず職場に電話が掛かってくると思われているようですが、実は「必ず」ではなかったりするんですよ。

実際、私の妻が最近とあるクレジットカードを1枚作りましたが電話は職場に掛かってきてないそうです。(妻は受付部署にいるので外部からの電話は絶対に分かるんです。)

そこで今回は、クレジットカード審査で電話が掛かってくる理由と、かかりやすい場合とかってこない場合についてもご紹介したいと思います。

これさえ知っておけば職場に電話を掛けてほしくない人も安心ですよ♪

在籍確認の電話がなかった人が多いクレジットカード

ここ最近でカードを作った人達から「在籍確認の電話がなかった」と言われているクレジットカード会社が3社ほどあります。(私の周囲のリサーチと私の実体験からも電話はありませんでした。)

在籍確認の無かったクレジットカード3社

  • OricoCard THE POINT(オリコカード ザ・ポイント)
  • 楽天カード
  • イオンカード

このうち楽天カードとイオンカードは私も保有していますが、在籍確認の電話はやはりありませんでした。

クレジットカード審査で電話が掛かってくる理由

クレジットカード審査で職場に電話が掛かってくる理由はあなたが申告した勤務先に本当に在籍をしているかどうかを確かめるためです。

在籍確認をしないと、なかには無職なのに大手企業に勤めているとウソをつく人もいるからです。

在籍確認の電話はこんなふうにかかってくる

クレジットカード会社が在籍確認のためにかけてくる電話は、基本的には素性を明かしません。

例えば、三井住友VISAカードが電話をしてくる場合には経営母体の「三井住友銀行ですが◯◯さんはいらっしゃいますか?」と言った具合にかけてきます。

これはキャッシング会社が在籍確認をする場合と似てて、経営母体の銀行名などでかけてくることが多いんです。その方が違和感を持たれないし迷惑をかけることもないからです。

ちなみに、もし電話がかかってくるのが不都合な場合には事前にクレジットカード会社に対して「職場への電話は上司が怒るから困るんですよ・・・」と相談してみれば電話無しでの方法で対処してくれる可能性もあります。

また、カード会社によっては「当社は在籍確認の電話はしませんからご安心ください」ということもありえますよ。

クレジットカード審査で電話がかかってこないケースも増えてます

昔はクレジットカードに申し込みをすれば審査の際にかなりの確率で職場への電話がありました。でも最近はそういった面倒なことが激減しているそうです。

その理由は、クレジットカード会社が膨大に増えたことによる競争のようです。

カード会社が増えてライバルが星の数ほど存在している環境では、新規顧客を獲得するためには、職場への電話をしていては顧客獲得に影響が出るわけで、それを無くしてスムーズに獲得を増やそうというムードがあるみたいなんです。

クレジットカード審査で電話がかかってくる人とかかってこない人の違い

クレジットカード審査では電話がかかってくる人とかかってこない人がいます。その理由は1人1人の信用の違いです。

例えば、年齢も収入も同じ人が同じクレジットカード審査を受けるにしても、勤続10年の人と転職したばかりでまだ今の会社で数ヶ月しか働いていない人では信用がまるで違います。

まして転職を何度もしてきた人であれば信用は確実に低いのでクレジットカード会社側としても面倒なうえに顧客に嫌がられる在籍確認の電話をしないワケにはいかなくなるんです。

また、大きな住宅ローンが残っている人やキャッシングの利用で借金がある人などもカード会社側からすると慎重な対応をしないわけにはいきません。

こんなふうに、顧客1人づつの信用度の違いで対応も変わってきてしまうんです。

在籍確認を避けられない時でも会社への電話は避けられる方法

これはキャッシングの審査の際によく利用される方法ですが、会社への問い合わせの電話をしない代わりに、給与明細などを提出してそれで本当に会社で働いていることを確認してもらうという手があります。

カード会社によってはネットから申し込みをする際に、在籍確認のための方法として「給与明細」や「電話確認」など選択できるところもありますが、もし電話以外に選択肢がなさそうな場合には、入力画面中の備考欄などに「職場への電話は禁止されているので給与明細での確認を希望」などと一言添えておけば大丈夫だと思います。

実際、私の友達はこの方法で職場への電話を回避したそうですよ。