審査

クレジットカード審査に落ちるなら

クレジットカードの審査に落ちる人は落ちた原因を分かってから次の候補のクレカ会社へ審査申し込みをしないと無駄に何度も落ちて履歴を汚してしまうだけです。

でも大丈夫です。クレジットカード審査に落ちる人でも、ここなら審査に通るかもしれない1枚があるのでご紹介しますね。

クレジットカード審査に落ちる人が選ぶべき1枚

クレジットカード審査に落ちてしまうのは審査が厳しいからですが、その審査基準が一般のクレジットカード会社と異なるものが1枚あるんです。

それが、キャッシング会社として有名なアコムが発行している「ACマスターカード」と言うものになります。

一般のクレジットカードとACマスターカードの違いは審査をする会社の基準の違いです。審査に通りやすいか落ちやすいかはハッキリ言ってこの違いに尽きます。

なので、すでにどこかのクレジットカードで審査に落ちているのなら、これ以上落ち続けて審査履歴が傷だらけになる前にACマスターカードを1枚作っておくのが得策だと思います。

→ ACマスターカードを詳しく知りたい方は過去記事をどうぞ

もし仮に、どこか好みのクレジットカードがあるとしても、そこは2枚目として申し込みをすればいいだけです。

実はクレジットカードの審査を受けたら落ちたかどうかの履歴もしっかり残ってしまうたっめ、経営母体が同じ会社のカードなら別のカードに申し込みしたのに審査で落とされやすくなるリスクがあるんです。

そうした背景からも、一般のクレジットカードを次々と申し込みして審査に落ち続けることは避けて、ACマスターカードのようなキャッシング会社が独自の審査基準を設けてくれてるカードを無難に1枚作ることが基本だと思います。

どこで作ったクレジットカードでもマスターカードには違いがありませんし、店で支払いの際にもどういったカードかなんて普通は知ってる人はいないので恥かしい思いもしませんよ。

クレジットカード審査に落ちる主な原因

クレジットカード審査に落ちた場合にはその理由が以下のいずれかに該当しないか?を目を通してみてください。

今すぐにでも対処ができるかもしれない原因

  • 選んだクレジットカードが自分の年収とマッチしてない

この場合は楽天カードやACマスターカードのような学生や派遣社員の方でも作れている人が多いクレジットカードへ審査申し込みすれば良いだけです。

時間が経てば何とかなるかもしれない原因

  • 就職や転職してからまだ数ヶ月しか経ってない

楽天カードやACマスターカードは別ですが、一般的にはクレジットカード会社は申し込みした人の信用度を重視します。

→ ACマスターカードを詳しく知りたい方は過去記事をどうぞ

特に、勤務年数は大きな要素でして、短期間で転職ばかりしている年収500万円の人よりも1社で10年勤務をしている400万円の人が好まれる傾向があります。

まして就職や転職したばかりの人は継続して働くことができるかどうかの信頼性が低いためせめて1年くらいは勤務を続けてから審査を受けるのが無難です。

  • 複数からの借金があるけど間もなく返済が終わる

複数から借金がある人もその借入額の大きさや借り入れ先の件数によってはクレジットカード審査に悪影響を及ぼします。ただし、そろそろ返済が終わる先が1つ2つある場合には借り入れ件数が減るので審査に通りやすくなる可能性があります。

ただし、借金額が審査落ちした時とあまり違わない場合にはやはり落ちやすい傾向があります。

時間が経っても簡単には解決しない原因

  • カード会社が希望する年収が高すぎるケース(年収300万円でプラチナカード希望など)

カード会社によってホルダー(利用者)に希望する年収が違います。当然、学生でも作れるクレジットカードなら年収はあまり影響がありませんが、三井住友銀行VISAカードやアメリカン・エキスプレス・カードなどはカードの社会的イメージも重視しているのである程度の年収がないと審査に落とされやすいようです。

特に最近多いパターンとして、年収が300万円や400万円の方などがプラチナカードの申し込みをして落ちるパターンだそうです。

年収300万円でも勤務先の属性が良ければ、ゴールドカードであれば他に住宅ローンや車のローン、それにキャッシングなどを利用していない人なら審査に通るケースもありますが流石にプラチナカードの審査はそんなに簡単じゃないようです。

  • 雇用形態がカード会社の希望する基準に満たない(学生・パート・派遣社員等)

もしもカード審査への申し込み時点で雇用形態が学生・アルバイト・パート・派遣社員など正社員ではない場合、それだけで審査はぐっと厳しくなります。

もちろん、学生やパートさんでもOKというカードもなかにはありますが、その場合でも大抵の場合には正社員でいる家族などに保証人になってもらう必要があったりします。

なのでもしも正社員出ない場合には相当長い期間の勤務年数を重ねて信用を積み上げないと審査には落ちやすいと言えそうです。

例えどれだけ年収が低くても正社員になってしまえば審査に通りやすくはなるので、とりあえずクレジットカードを作っておき、パートや派遣に戻ってもカードは破棄せずそのまま保有しておけば使い続けることもできたりしますよ。