海外旅行をする人向け

海外旅行のカメラの故障や盗難は携行品損害保険で安心

海外旅行をしていると、デジカメなど持ち歩くものを落として壊してしまったり、盗難被害に会うことは珍しくありません。

 

実際に、私も ドバイ旅行に行った際に、人混みが凄い観光スポットで現地人?がぶつかってきて、買ったばかりのデジカメを地面に落として壊してしまいました。

 

レンズのズーム部分が出たままで落としてしまい、手で強引に押し込まないと収納もできないくらい無反応になったんです・・・。

 

でも、そのデジカメは幸いにも利用していたクレジットカードに付帯されていた携行品損害保険というサービスを利用することで、自腹3千円で修理をしてもらえました。

 

見積もりを見ると2万円近い修理費となっていたので、それが3千円で直してもらえるとうのは最高でした♪

携行品損害保険はアメリカン・エキスプレス・カードに備わっていました

携行品損害保険は手持ちのアメリカン・エキスプレス(以下、アメックス)のゴールドカードに付帯されていました。調べてみると同じアメックスの通常(グリーン)のカードでも付帯されてました。

アメックスの携行品損害保険カバー内容

通常のアメックスカードの例
免責(自腹額)3千円
1旅行中最高額 30万円
年間限度額   100万円

上記を具体的に説明してみますと、例えば5万円のデジカメを旅行先で壊してしまったとします。

その場合、修理代が最高の場合には実質「買い替え」ということになるので、5万円かかることになります。

 

普通なら、5万円のデジカメで修理代が3万円~5万円もかかれば修理を諦めてしまうんじゃないでしょうか・・・・。

 

でも、アメックスの携行品損害保険を利用すれば、1旅行中の最高額は30万円なので余裕でカバーしてもらえるわけです。残り25万円の枠が残ってることになりますからね。

その同旅行中に別の製品が破損や盗難に合っていたとしても、残り25万円の枠内でカバーしてもらえるというわけです。

 

さらに、年に何度も海外旅行に行くような人でも、年に100万円を限度に保証してもらえるというわけです。

 

ただし、携行品損害保険が適用されないケースがあるのでご紹介しておきますね。

携行品損害保険を適用してもらう条件に注意

アメックスの携行品損害保険を使うには、修理の対象となるデジカメなどの電化製品を購入する際に、アメックスのカードで支払いをしておく必要があると勘違いされる方もいますが、そんな事はありません。

 

VISAやマスターカードで購入したデジカメなどもアメックスカードを持って入れば保険の対象になるんです。※これは傷害保険や死亡保険も同じです。

なお、盗難の場合には現地で警察等に届け出をしておくことが条件となるようです。

 

アメックスってなんて凄いんだ・・・・とデジカメを直してもらった時に私は感動すらしてしまいました。。。

 

ただし、アメックスを作っておこうとお考えの方に注意してほしい点が1つあって、携行品損害保険がカバーしてくれる1旅行あたりの金額の上限が普通のアメックスカードだと30万円なのに対して、ゴールドカードなら50万円にも増えるという点です。

 

一眼カメラなど高額なカメラを海外旅行に持ち運ぶような方なら、ゴールドカードを持っておいた方が安心だと思います。

携行品損害保険を適用する手順

アメックスで携行品損害保険を使うには、まず、旅行から帰国したらすぐにアメックスのコールセンターに電話をして、携行品損害保険を使いたい旨を伝える必要があります。

 

その後すぐに、必要な書類が送られてきますので、ひとまず保管をしておいてください。

 

次に、カメラ(カメラの例)のメーカーに修理見積もりをもらいます。その見積もりと、先にアメックスから届いた書類をアメックスへと送ります。

 

後は修理からカメラが戻ればお終いです。