審査

クレジットカードの審査について

クレジットカードには沢山の会社があるので審査基準もまるで異なりますし、当然ながら平カードと呼ばれる普通のカードとゴールドなどは基準が違ってきます。

また、ゴールドの上にはプラチナやブラックが存在していますが、これらは自分から「作りたいのでお願いします!」と申し込みはできないのいが普通です。プラチナやブラックが欲しい場合には、その会社の平カード(いきなりゴールドカードが作れるところも多い)から利用実績を上げていくしかありません。

何でもカード払いしていれば実績積めるってわけでもないみたい

ちなみに、私が愛用しているアメックスの場合には、小耳に挟んだ情報ですと家電製品などのように転売ができるものの購入で多額のカード利用をしても、ゴールドから次のプラチナへのお誘いは来ないという話があります。

どうやらアメックスの場合には、ホテルや航空券や食事代などのように換金性のないものへの利用こそが「当社にふさわしい利用スタイル」と判断されるみたいです。

年収がクレジットカード審査にどの程度影響する?

カード会社によっては自社のホームページに年収の目安などを紹介しているところもありますが、年々その基準は曖昧になってきているようです。つまり判断基準はグレーだということです。

でも、確実に言えることは昔よりも年収の制限が低くなりつつあるということで、例えば10年ほど前なら年収が500万円ないと審査に通らなかったようなカードが今は300万円の年収で地方の中小業者に勤務する社会人歴が3年ほどの若い子でも発行できるようになったなんて話もあります。

おそらく、次々と新しいクレジットカードが誕生しているために会員の獲得を優先するようになってきたということだと思います。

例えばアメックスのゴールドカードは20年も前ならその辺のサラリーマンがおいそれと作れるようなものではなかったのに、今ではちゃんとした企業に勤務している人で与信に問題がなければそこそこ作れている人がいるという状況です。(私の周囲にも沢山います)

※ただし、アメックスの場合には過去には存在していなかったプラチナとブラックが用意されたことで、かつてのゴールド会員がそれらに振り分けられたためにゴールドを獲得しやすくなっているとう事も考えられます。

仕事が安定しているか?収入源は安定しているか?も大切

勤務先が大手で安定している場合には審査は当然ながら通りやすくなり、公務員などは特に安心して審査を受けることができるはずです。もちろんいくら安定をした年収があっても年収そのものが少ないのにゴールドカードを申し込みしても通りません。

また、あまり知られていませんが手持ちの資産の中に賃貸物件を保有されている方などは安定した収入源を確保している部分がプラス評価されるので、仮に年収が低めのサラリーマンや本業が家賃以外の自営業をされている人の場合には本業の年収に家賃収入分が上乗せされて評価されることもあるため、職場の同期が審査に落ちても自分は審査に通るといったこともありえます。

(副業収入があっても株の売買や安定性の少ない業種の場合にはプラスされないと考えておくのが無難です。)

クレジットカード審査にかかる日数はどのくらい?

どこの会社でもおおむね2週間かかるようです。過去に私がVISAカードやマスターカードやアメックスなどを利用した時にどこも同じでした。

審査の難易度は常に一定条件ではないようです

審査を受けるタイミングというのは非常に大切です。なぜなら会社がさほど新規顧客の獲得に意欲的でない場合には当然ながら審査は厳しくするはずで、反対に新規顧客の獲得に力を入れている時は厳しくすることは考えられないからです。

じゃあどんなタイミングで審査に申し込みをするべきか?それはキャンペーンを開催している時期です。新規獲得をしたいからキャンペーンで頑張っているわけですからこの時を逃すのは勿体無いと思いますよ。