アメリカンエキスプレスカードを比較(選び方も)

アメリカン・エキスプレス(以下、アメックス)のカードは私もメインカードとして利用してますが、他社カードでは味わえない特別な1枚です。

アメックスのカードにはポイントを貯める目的の人も多いですが、魅力はそれだけじゃありません。アップルペイ対応・海外利用時に強い・国内外で買い物した商品の故障や盗難の保険も手厚いなど感動ものです。

あと、個人的感想ですが女性ウケが一番良いのもアメックスの魅力です。

さらに、券面は数あるクレジットカードのなかでも恐らくナンバーワン。券面の美しさで選ぶ人もいるほどです。

最初に知っておいて欲しいこと

アメックスは通常版(グリーン)もゴールドも年会費がかかります。それでも選ばれている理由は年会費を超えたお得感があるからです。

  • グリーン→ 他社のゴールド並
  • ゴールド→ 他社のプラチナ並

はっきり言って「年会費無料のカードが良い」という人にはおすすめできません。人生をより高いステージで生きたい!という人にこそぴったりです。

これがアメリカン・エキスプレス・カード!

アメックスのカードにはいくつか種類がありますが、基本的にはアメックスのカードと言えばこれになります。

また、この基本的なタイプを個人事業主や法人経営者が経費管理をラクにするために使えるアメックスビジネスカードもあります。(→ こちらで紹介してます。)

アメックスは持ちたいけど年会費を抑えたい人へ

アメリカン・エキスプレス・カード(通称 グリーンカード)

・高級感があり女性ウケが良い!(体験上)

・アップルペイ対応(アメックス全共通)

・海外旅行の保険が充実してて安心

American Express 公式サイト

当サイトから申し込みで18000ポイント獲得可能!

年会費 年会費 12,000円(税抜)
特典 特典の18,000ポイントはマイルに変えると東京~九州をANAで1往復に相当します。

 もし18,000ポイントを買い物で貯めるなら180万円分の買い物をして貯まるポイント量になるのでこれを逃すと大損です。1ポイント100円の換算)

還元率 (1マイルは1.5円換算←メンバーシップリワード・プラスに加入しポイントをマイル化した場合)
旅行保険 国内・海外 最高5,000万円

泣く子も黙るアメックス・ゴールド【支払いのたびに優越感】

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

・これぞザ・ゴールドカード!

・国内外のホテルの予約時に部屋を無料アップグレードしてもらえた経験あり!

・海外旅行が好きな人には絶対にオススメ

American Express 公式サイト

当サイトから申し込みで45000ポイント獲得可能!

年会費 年会費 29,000円(税抜)
特典 特典の45,000ポイントはマイルに変えると東京~九州をANAで約2往復に相当します。

もし45,000ポイントを買い物で貯めるなら450万円分の買い物をして貯まるポイント量になるのでこれを逃すと大損です。1ポイント100円の換算)

還元率 還元率(1マイルは1.5円換算←メンバーシップリワード・プラスに加入しポイントをマイル化した場合)
旅行保険 旅行保険 国内・海外 最高5,000万円

※海外で宿泊前のホテルのデポジット払いやショップで使うと、スタッフの対応が良くなる経験を何度もしてます。(ホテルで部屋をアップグレードしてもらったこともあり、アメックスのゴールドというだけで水戸黄門の印籠のようだと感じました。)

グリーンとゴールドに共通するその他サービス

  • 国内28空港及び海外2空港の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能
  • 海外旅行時に「手荷物無料宅配サービス」を無料で使える

法人代表者や個人事業主の方のためのアメリカン・エキスプレス・カード

アメリカンエキスプレスカードには会社経営者や個人事業主用にビジネスカードというタイプがあります。

通常カードとビジネスカードとの違いは「明細書」の記載内容の詳しさです。

ビジネスカードならグリーンでもゴールドでも明細が詳しく記録されているので確定申告の際の入力などが非常にラクになります。

私は毎年、確定申告の入力をギリギリにやりがちですが、ビジネスカードを使うようになってから入力が劇的にラクになりました。また、プライベートの支払いと経費をキッチリと分けられるのも助かってます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード(通称グリーンカード)

・カード払いの多い経営者にオススメ

・明細表が見やすく確定申告が楽になる

・アメックスを使ってるだけで「信頼できる会社」と判断された体験あり

American Express 公式サイト

項目名 年会費 12,000円(税抜)
還元率 (1マイルは1.5円換算←メンバーシップリワード・プラスに加入しポイントをマイル化した場合)
旅行保険 国内・海外 最高5,000万円
アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカード

・プライベートの支払いと分けるのに便利・利用明細は毎月の明細書以外にスマホやPCでも随時チェック可能

・経営者のアメックスゴールドの利用は対外的な信頼アピールにも

American Express 公式サイト

当サイトからの申し込みで30000ポイント獲得可能!

年会費 31,000円(税抜)
特典 特典の30,000ポイントはマイルに変えると東京~九州をANAで約2往復に相当します。

もし30,000ポイントを買い物で貯めるなら300万円分の買い物をして貯まるポイント量になるのでこれを逃すと大損です。1ポイント100円の換算)

還元率 (1マイルは1.5円換算←メンバーシップリワード・プラスに加入しポイントをマイル化した場合)
旅行保険 国内・海外 最高5,000万円(利用付帯、 最高1,000万円の 家族特約あり

法人や個人事業主は対人で支払いをする機会が多ければ、ゴールドカードでの支払いをすることで会社の運営が順調だという無言のアピールにも繋がります。

ビジネスをしている以上「人にどう思われて良い」は通用しないことも多いです。仮に、引き落とし口座に利用している銀行などでも明細に「ゴールド」という文字があれば印象は違ってくることさえあります。

仮に年会費の負担が大きくても「経費」に算入することができますし、何よりもクレジットカード会社からゴールドの審査をクリアしている人だという証明にもなります。

ビジネスカードのゴールドは見栄を張った選択ではならずに「社会的に信用のある経営者の証拠」として捉えてもらえます。(経営者でゴールドじゃないと儲けてなさそうな悪い印象を与えかねません。)

グリーンとゴールドに共通する他サービス

  • 国内28空港及び海外2空港の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能
  • 海外旅行時に「手荷物無料宅配サービス」を無料で使える

プライベートな支払いとビジネスの支払いをアメックスで使い分けたい人は申し込み時に両方申請すれば各1枚づつ保有できますよ。

ゴールドカードの次に待っているのはプラチナカード

アメリカン・エキスプレスはグリーン→ ゴールド→ プラチナ の3つのランクを基本として存在しています。

一般的にはゴールドまで保有できればサービスもステイタスも十分だと思います。

でも、もっと上を目指してみたい!という上昇志向の方にはプラチナカードを目指される方も多いです。私の周囲でも2人ほどプラチナホルダーの方がいます。

プラチナカードを手に入れるには?

プラチナを手に入れるには、通常はゴールドカードを利用することが大前提です。ゴールドを利用して1年以上経つと審査を受ける基準にふさわしいと判断された人だけにインビテーション(招待状)が届きます。インビテーションが届いた後に申し込みを行い、審査に通れば晴れてプラチナカードのホルダーになれます。

もう1つは、既にプラチナホルダーの方からの紹介という手があります。ただし審査が特別に配慮されるわけではなく、本人に審査を通る力がなければ意味がありません。あくまでも審査を受けさせてもらえるという解釈になります。

なお、プラチナは自分専用のコンシェルジュが用意されたり、高級ホテルの1泊無料ステイのサービスや、京都の一見さんお断りのお茶屋さんへの予約手配など、素晴らしい世界が待っています。

幸いにも、私は過去に2階のインビテーションを頂きましたが、まだ今の自分はゴールドを気に入っているため、プラチナの審査は受けていません。いずれ、プラチナホルダーとなり詳細をお伝えできればと思います。